懐かしのV系番組「BreakOut」に出演していたバンド達

公開日: 更新日:

かつて『Break Out』というTV番組があった。
主にヴィジュアル系のインディーズシーンを取り上げていた番組で、活動に密着したりフェスを開催したりして90年代後半のヴィジュアル系ブームの一端を担っていた。

メジャーデビューまでの道程や、バンドマンやファンの悩みを解決する企画が印象的だった。特別講師としてhide、真矢(LUNA SEA)、SIAM SHADEなどが出演したり深夜の放送であったが人気を博した。

小さい頃からBUCK-TICKファンでヴィジュアル系も大好きな私は当然毎週観ており夢中だった。(途中までは)
そんな懐かしの番組『Break Out』に出演していたバンドをまとめてみたい。
※個人的に印象に残っているバンドのみとなります。

FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi、SHAZNA

番組開始時には既に人気だったヴィジュアル系四天王。
その内のMALICE MIZERを除くFANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi、SHAZNAはよく出ていた。

番組がスタートしたのは96年10月。
ROUAGEやLaputaがメジャーデビューした年であるが、インディーズをメインにしていたためFANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi、SHAZNAがクローズアップされていた。
特にIZAMの番組登場回数がやたら多かった。

Break Outのフェスでトリを努めたり、メインで番組に出演していた。
音楽的にはLa'cryma Christiのレベルが高すぎて他バンドが霞んで見えた。
FANATIC◇CRISISは演奏と音はへっぽこ過ぎたけどヴォーカル石月努のカリスマ性が人気を牽引していたと思う。

ヴィジュアル系四天王は皆97年にメジャーデビューし、番組卒業となった。

D-SHADE

FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi、SHAZNAが卒業して、次なるメインというか番組の頼みの綱のように取り上げられていたディシェイド。
ツアーに密着したりメジャーデビューまで追っていた印象。

それだけ人気があり、あっという間にデビューしたのだが、あっという間に解散してしまった短命バンド。
タイアップも付いて順風満帆に見えていたが、ヴォーカルのHIBIKIがソロ活動を始めたり、またレーサーになるとのことで解散とあるが、私見としては周りの大人が信用できなくなったんだろうなと…。

音楽的には、とにかく曲もリフもCRAZEに似ていてギターのKENは瀧川一郎が相当好きなんだろうなと思っていた。

KENとドラムのYUJIは音楽活動を続けており、現在はサポートやセッション、配信での活動を行っている。
ヴォーカルのHIBIKIは某代理店で局長を務めているみたいです。

Lastier

D-SHADEと同様、Break Outに出演して知名度が上がった新潟出身のバンド、ラスティア。
あまり人気があった印象はないが、98年にメジャーデビュー。

曲も見た目も、コレといった特徴はなく、LUNA SEA意識してるのかな?と感じていた。
ヴォーカルの名前竜市だし、歌い方が似せている印象がある。
あんまり長続きしないだろうなぁ~と思っていたら3年で解散。

ギタリストでリーダーであったKyoichiは現在アニメやゲーム向けの音楽制作を行っているようだ。

PIERROT

インディーズ界で既に人気だったPIERROT(ピエロ)。
FANATIC◇CRISIS、La'cryma Christi、SHAZNAが卒業して穴を埋めるように出演した記憶がある。MVの早出しをやっていたような。
キリトと潤の仲悪い設定のやり取りが面白かった。

2006年に解散したが、2014年に復活。
同時期にデビューしたDir en greyと比較されがちだが、PIERROTの良いところは楽曲の作り方・割り振りである。
当時の話であるが各パートの構築の仕方が際立って良かったと今でも思う。
見た目やサウンドのコンセプトも良く、バンドとして売れたのは当然である。

ここからは99年、ミクスチャーバンドの人気が出てきた頃。
ヴィジュアルシーンもBreak Outも人気が下降していった。
Break Outに出演しているバンドもレベルの低下が著しく見えてきた。

L'luvia

ジュヴィアという新潟出身のPOPバンド。
かわい子ちゃんキャラでした。
たぶん本人たちは黒歴史に思っているんじゃないかと思うが、クレヨンしんちゃんか何かのタイアップ曲を歌っていた気がする。

Break Outに出演していたバンドは沢山いたが、中には著しくレベルの低いバンドが前面に出ていた印象もある。それは実際に出演していたバンド本人たちが発言しており、た・ぶ・んL'luviaを指していただろう。
そして、この辺からBreak Outとヴィジュアル系の人気が下降していく。

Janne Da Arc

Break Out出演も伴って一気に人気を得ていき99年メジャーデビュー。
ジャンヌダルクはしゃべりの上手さもあって、他バンドから「対バンすると客を持っていかれる」と言われていた。

Break Out出演バンドの中では際立って人気のあったバンドの一つ。
99年にデビューしたが、この頃Break Outはもう観ていなかった...。
個人的にはキーボードの音が受け付けなく、歌詞が古臭いと思っていた。
またSIAM SHADEの二番煎じな演奏が曲と合っていなく、各自の音が荒すぎた印象があります。
2019年に解散。

LUCA

曲調はJanne Da Arcと近く、正統派なヴィジュアル系だと思える。
男前だしもっと人気出ても良いと思えるが、綺麗にまとまりすぎていてもっとクセがあったほうが印象は強くなると思えた。
なので見た目だけは覚えている。
99年にメジャーデビュー。
2001年に解散。

e.mu

2000年にメジャーデビュー。
漫画『快感・フレーズ』に本人として出ており、Λuciferのライバルバンドであった。
爽やかな見た目ながらダイナミックな演奏をするギャップが魅力的。
ギターのDAISUKEは後にACIDというバンドに参加するのだが、良いスタートを切ったと思いきや短命なバンドであった。

Missing Tear

ゴールデンボンバーのプロデューサーとして活躍することとなるtatsuoが在籍していたバンド。後にeversetとバンド名を変え、ハードコア寄りな曲調に転換しインディーズ界で人気を得る。

Break Out出演当時から、どうもヴィジュアル系というコンセプトが合っていない感じがしていた。曲調やバンドスタイルはSIAM SHADE。ヴォーカルの声質からするとゴリゴリのスタイルの方が良いと思っていた。

Break Outではそこまで目立っていなかったが、個人的にもeversetは好きなサウンドで、方向転換して正解だと思う。
後にSIAM SHADEメンバーとバンドを組むことになる。

CLOUD

ソフトヴィジュアル系で見た目はその辺にいる兄ちゃんって感じのバンド。
曲は良いのだが、その方向性が良くなかったと思う。
やるからにはもうちょっと派手にするか、ギターロック系に振りきるか。
それでもBreak Outに出ていたから凄いことなのだが。
そのため印象が薄い。


多くのBreak Outバンドは消えて行きBreak Outも終了、ヴィジュアルシーンはしばらく眠ることになる。
しかし流行というのは繰り返す。
数年後には新たな世代が頭角を現し、またヴィジュアル系ブームが来るのである。

当時はBreak Outに出演したいというバンドが沢山いた。
出たら売れる!と信じていたバンドが沢山いた。
しかしTVの効果を得られるのはほんの一僅かであり夢のまた夢。
結局は実力なのである。

TVの存在価値が低くなった今、そんな考えのバンドは少なくなっただろう。
確かなことは当時我々はBreak Outに夢中だったことである。

コメント

ご意見や思った事など、なんでもコメントください。
※メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


Arlieの画像

執筆者:Arlie

アーリー、闇属性。 猫と競馬とテキーラが好き。 音楽はロックであれば何でも聴くが、たまに毒を吐く。実はアイドルも好き。

Arlieが書いた記事一覧

コラムの記事

ピックアップ記事

重低音が鳴り響く!ベース音がかっこいい曲

公開日: 更新日:

バンドアンサンブルの中のベース。曲の低音として土台となる重要な楽器パートだ。ライヴではベースの重低音による振動を感じ、花火大会に似た興奮を覚える。 そんなベースだが、曲を聴いていると聴き取りつらいものがある。METALLICAの「…...

アーティスト検索

アーティスト一覧へ

カテゴリ

ランキング

【ハイレゾ対応】iTunesおすすめのイコライザー設定

公開日: 更新日:

パソコンで音楽やビデオを整理・再生するアップルのメディアプレイヤー「iTunes(アイチューンズ)」。音にこだわる人な...

オーストラリアの有名ロックバンド特集 オージーロックが熱い!

公開日: 更新日:

名古屋系ヴィジュアル系をまとめてみた

公開日: 更新日:

重低音が鳴り響く!ベース音がかっこいい曲

公開日: 更新日:

懐かしのV系番組「BreakOut」に出演していたバンド達

公開日: 更新日:

ピックアップ記事

重低音が鳴り響く!ベース音がかっこいい曲

公開日: 更新日:

X JAPAN – DAHLIA

公開日:

愛しのロックスター Earth VS The Wildhearts

公開日:

オーストラリアの有名ロックバンド特集 オージーロックが熱い!

公開日: 更新日:

Extremeが与えた『Pornograffitti』(名盤)の衝撃

公開日: 更新日:

ロックな映画10選

公開日: 更新日:

名古屋系ヴィジュアル系をまとめてみた

公開日: 更新日:

Rockin'high 801とは?

Rockin'high 801

KURAMARLIE ROCK Co.が運営するロックを愛するポータルサイトです。